SEO・検索エンジン対策

キーワード

検索エンジンの検索結果は、検索されたキーワードと十分な関連性があるホームページが表示されます。 そこで見込み客が検索するようなキーワードをホームページでアピールすることが重要となります。

キーワードによるSEO対策

キーワードはSEO対策にとって、かなり重要です。そこでキーワードをSEO対策に使うポイントを順にみてみましょう。

1.キーワードを探す

まずは自社製品、サービスについて関係のあるキーワードをあげていきましょう。考えてもいなかったところで成功することもありますので、まずは先入観なしに思いつくだけあげてみましょう。特に似たような意味で違う言葉(例:ホームページ作成とホームページ制作、SEOと検索エンジン最適化)は両方とも調べてみましょう。

すでにホームページを持っていてアクセス解析ができるのであれば、検索エンジンからホームページを訪れたユーザーがどのキーワードで検索してきたのかを調べましょう。

2.キーワードの検索数を調べる

対策キーワードがユーザーに一度も検索されないようでは意味がありません。そのキーワードがどのくらい検索されているのか調べてみましょう。

3.ライバル数を調べる

それぞれ検索エンジンで検索したときに何件ヒットするのか調べてみましょう。ヒット数が少ないほど上位になりやすくなります。

4.キーワードの選択

検索数が多く、ヒット数(ライバル)が少ないほど高い結果が望めます。最もよいと思う対策キーワードを3つほど選びましょう。数が多くなるほど、一つ一つのキーワードの重要度が下がってしますからです。

ただし、対策キーワードしか対策をしないというわけではありません。アイデア次第で他のキーワードでもSEOをすることができますので、サイト全体でアピールするキーワードを3つほど選ぶとイメージしてください。

5.キーワードによるホームページの最適化

対策キーワードをコーティングで効果的に使うことにより、キーワードの重要性が高まります。

6.キーワードによるリスティング広告

対策キーワードでリスティング広告に出すことにより、ホームページを訪れるユーザーの入り口を増やすことができます。

キーワードによるSEOの効果
商品・サービスを日本中の潜在顧客にアピールしたい場合、潜在顧客にホームページを見てもらわないといけません。どうしたら潜在顧客にホームページを見てもらえるでしょうか?
キーワードを考える
ホームページに掲載する内容に関連するキーワードは何があるか、リストにしてみましょう。このキーワードの中からSEO(検索エンジン対策)に使用する対策キーワードを選びます。ユーザーが検索エンジンで対策キーワードで検索したときに、ホームページにアクセスしてもらうのが狙いです。
月間検索回数
月間検索回数は、検索エンジンで特定のキーワードが1ヶ月で検索される回数のことです。この月間検索回数は、検索エンジンの対策キーワードを選ぶ上で非常に重要になります。選択したキーワードが月に数回しか検索されなければ、検索結果で1位になろうと、そこからのアクセスは見込めません。
対策キーワード選択
対策キーワードを選択する上で重要になるのが、ホームページに記載されている内容とマッチしていることです。そして、対策キーワードの月間検索回数と競合ホームページの数と質になります。
KEI
KEI はキーワード有効性指標と言われ、「月間検索回数の2乗」÷「結果件数」 にて計算されます。この数値が大きいほど狙い目のキーワードとなります。
SEOツール
SEO対策を行うキーワードを選ぶ上で、マーケティングはかかせません。ユーザーのニーズを知ることは非常に重要です。このユーザーのニーズを調べるのに、キーワードの月間検索回数がわかるSEOツールが必要となります。