SEO・検索エンジン対策

SEO

SEO検索エンジン最適化)はYahoo! JAPANやGoogle、MSN(Live Search)の各検索エンジンによる検索結果でより上位にヒットするようにホームページを書き換えることやその技術。

SEO対策

SEOには対策をする意味も含まれているので、対策をつけると対策の繰り返しになってしまいます。その為、正確にはSEOに対策はつけません。しかしSEO対策もWebサイトをホームページと呼ぶのと同様に、SEO対策SEOの意味で使われているので、このサイトでは同様の意味で扱っています。

SEOの必要性

近年ではユーザーは何かを調べたり、欲しい情報を探すためにがYahoo! JAPANやGoogle、MSN(Live Search)といった検索エンジン(サーチエンジン)を使って検索します。この検索結果に表示されたホームページから知りたい情報を探すことが当たり前になっています。その為、ホームページへのアクセスは検索エンジンからとお気に入りに登録しているリピーターとが大半となります。そこでアクセス数を増やしたり、注文や問い合わせ、資料請求などを増やしたい場合、まず検索エンジンの検索結果の上位に表示される必要があります。

検索エンジンの検索結果表示が1ページに10件の場合に、2ページ目、つまり、上位20件までしか見ないユーザーが90%以上といわれています。そこでSEO対策をして20位以内にランクインさせることが目標となります。

ホームページ制作会社で作成したサイトのSEO

ホームページを作っただけではだめなのか?
ホームページ制作会社に作ってもらったからといって十分にSEOが施されていることはありません。しかも検索結果の表示順位はYahoo! JAPANやGoogle、MSN(Live Search)の各検索エンジンによって決められるので、SEO対策会社に高額な代金を払ったからといって検索結果で1位になれるわけでもないのです。ホームページ制作会社に制作を依頼するときはSEO対策を行うか、具体的に何をするのか聞いてみることをお薦めします。

SEO対策によって上位に表示されるようになった際の効果

  • アクセス数の増加
  • サイトの認知度向上

SEO(検索エンジン最適化)の手法

SEO、検索エンジン最適化を行う具体的な対策には大きく分けて3つあります。

  1. 目的キーワードの分析
  2. キーワードに沿ったページの構成
  3. リンクの作成

これらを適切に行うことによってユーザーが特定のキーワードで検索したときに検索結果の上位にホームページが表示されるようになります。

検索エンジンスパム

SEOをする際に検索エンジンのスパム行為と判断されないように注意をしなければいけません。スパム行為と判断されると検索結果の対象外となります。

スパムとは検索結果上位表示を狙うための悪質な対策を指します。悪質とは検索結果上位表示を狙うために過度にキーワードを使ったり、隠しリンクを作ったりと、上位表示されるためだけのコンテンツを作ることです。本来、コンテンツを検索エンジンにとって適切な形に対応させるのがSEOですが、上位表示を狙うあまりに上位表示させるためだけのコンテンツを作ってしまうことが大手業者でも行われたりします。そこで検索エンジンは本来ユーザーが望むように検索結果を表示できるように行き過ぎた対策にはスパムとみなして登録を抹消します。

キーワード
検索エンジンの検索結果は、検索されたキーワードと十分な関連性があるホームページが表示されます。 そこで見込み客が検索するようなキーワードをホームページでアピールすることが重要となります。
検索エンジン
インターネットに存在する情報を検索する機能を提供するサーバやシステムを検索エンジン(サーチエンジン)と呼びます。Yahoo! JAPANやGoogle、MSN(Live Search)などがあります。
アクセス解析
アクセス解析とは、ホームページの運営者が閲覧者の環境・特性などを調査したり、ホームページのアクセス数の動向や訪問者のアクセスキーワードやリンク先を分析したり、ホームページ(webサイト)内のよく見られているページなどを調査することをいいます。