SEO・検索エンジン対策

リスティングサービス

リスティングリスティングサービスリスティング広告)は検索エンジンの検索結果ページに有料でテキスト広告を表示するサービスです。Googleに掲載される「アドワーズ(AdWords)」、Yahoo! JAPANに掲載される「オーバーチュア(Overture)」が有名です。

また、検索エンジンで検索したキーワードに関連のある広告を表示することから検索連動型広告とも呼ばれます。

リスティング事業者に料金を払ってキーワードを登録すると、大手ポータルサイトなどからそのキーワードで検索したときに、検索結果の上位ページに「スポンサーサイト」などと題して自社サイトの広告が表示されます。そこで的確なキーワードを設定することにより、サイトへのアクセス数を増やすことができます。1つのキーワードに複数の会社が登録した場合には、掲載スペースをオークション形式で競売することになります。

リスティング広告の掲載料金

課金単位は広告のクリック数である場合が多く、クリック率が高い広告ほど料金が割安になったり、有利な位置に掲載されるようになっている場合が多くなります。つまり、自社製品と関係なく単に検索される回数の多いキーワー ドにやたらに広告を配信するよりも、自社製品と関係する分野に関心のある人が検索するような的確なキーワードを設定したほうが、結局は安価で広告効果が高 まります。

リスティング広告の効果

ホームページを作ってもアクセスがなければ、ホームページを作った意味がありません。そこでホームページの管理、運営を担当する人達にとって、ホームページへのアクセスを増やすという課題の解決方法のひとつがリスティング広告(スポンサーサイト)です。

インターネット通信販売で売り上げを上げることが目的の場合、見込み客にならないユーザーへの広告は無駄なコストとなります。見込み客になる可能性のユーザーにアクセスしてもらうには、見込み客になる可能性のあるユーザーが見る、集まる場所へ広告を出すと効果が高くなります。そのインターネットで見込み客が集まる場所というのはキーワード検索結果のページです。

しかしヤフー、グーグルで、メジャーなキーワード検索結果ページの上位には、順位が変わることなどありえないような、強力なサイトが上位を占めています。そこで、その最上位の上の、もっと目立つ場所に、だれもが掲載できる場所として提供してくれているのがリスティング広告(スポンサーサイト)です。

ユーザーにとっても検索した際に、自分の関心と無関係に配信される従来の広告よりも、知りたい情報に関連する広告が配信されることになるので便利です。このため、広告主にとっても利用者にとっても従来より有用な広告形態であると言われています。

このようにユーザーのアクセスを獲得することを目的とした全ての会社、商店にとって、リスティング広告は平等に開かれた最高の一等地にある、超がつくほどの優良な商業広告スペースでるといえます。

検索連動型広告
検索連動型広告とは、検索エンジンで検索されたキーワードに関連した広告を配信するインターネット広告の一種です。リスティングサービスと同様の意味で使われます。Googleに掲載される「アドワーズ(AdWords)」、Yahoo! JAPANに掲載される「オーバーチュア(Overture)」が有名です。