SEO・検索エンジン対策

ロングテール

ロングテールのグラフ商品の売り上げをのグラフ(縦軸を販売数量、横軸を販売数量順の商品)を見ると一部の商品(人気のあるヒット商品)が極端に売り上げがあるが、販売数量が低い商品に注目すると、売り上げは低くても、横に長く伸びている。この販売数量が低い商品は商品点数が多いことをグラフの形状から「ロングテール」(恐竜の尻尾)といいます。

ロングテールの一般的な意味

ロングテールはオンライン小売店の一つであるAmazon.comを例に用いて説明します。

一般的に、ある特定の分野における売り上げは上位の20%が全体の80%を占めるという冪乗の法則やパレートの法則に従っているとされています。
今までのオフライン小売店では在庫の制限などでこの上位20%に当たる商品を多く揃えなければならず、その他(80%)は軽視されることが多かったです。

しかし、Amazon.comなどのオンライン小売店は在庫や物流にかかるコストが従来の小売店と比べて遥かに少ないので、今まで見過ごされてきたこの80%をビジネス上に組み込むことが可能になりました。
そこからの売り上げを集積することにより、新たなビジネスモデルを生み出しました。
そのことを説明する時に使われるのがロングテールです。