SEO・検索エンジン対策

ニッチ戦略

ニッチ戦略とは差別化戦略をより先鋭化させ、専門家やマニア向けなど、非常に限定された市場に特化し、その特殊市場において自らの圧倒的な地位を築いて、シェアや収益性の維持を目指す戦略のことです。
ファーストフードでいう高級ファーストフードチェーン(フレッシュネスバーガーやクアアイナなど)や、自動車産業でいうフェラーリ、ロールスロイスなどが典型例です。

インターネットとニッチ戦略

インターネット(特に検索エンジン)を使ったニッチ戦略は非常に有効なものになります。ニッチ戦略は専門家やマニア向け、もしくは特殊な状況など非常に限定された市場を狙います。そこでニーズのあるユーザー(顧客)に対してサービスや製品をアピールするのに最も効果的なのがインターネットです。

検索エンジンによるマッチング

限定された市場を狙う場合、サービスや製品をアピールするのに折込チラシ、新聞広告、テレビCMなど不特定多数に対してのPRでは経費が非常にかかってしまいます。また特殊な市場の場合にはおそらくアピールするために情報も多くなります。そこで情報量に制限がある新聞広告やテレビCMは向きません。

それに対して、インターネットでは特殊なサービスや商品が欲しいユーザーに対して、欲しいタイミングでPRすることができます。タイミングとはユーザーは必要になったときに検索をしますので、欲しいというタイミングでPRすることができます。また、情報量の制限など気にする必要がありません。

具体的にインターネットでPRする場合は何をすればいいのかを簡単にいいますと、まずホームページを作成して、製品やサービスの説明をします。ユーザーが検索しそうなキーワードでSEO対策をします。検索連動型広告に申し込みます。以上です。

検索エンジンからホームページを訪れ、24時間365日サービスや商品の説明をしてくれます。ただし、より良い結果を出すために改善させていくことはとても重要です。

地方の特殊なサービスや商品に対して全国から注文がくるようになってケースも多々あります。他にはないサービスや商品をもっているようでしたらインターネットを使ってPRしてみてはいかがでしょうか。