SEO・検索エンジン対策

検索エンジンに登録(Yahoo!)

日本で検索エンジンの検索数トップは Yahoo! JAPAN です。そこで Yahoo! JAPAN の検索エンジンに登録されるように申請を出しましょう。

インデックス登録とカテゴリ登録

Yahoo! JAPAN は検索結果に表示されるインデックス登録と「Yahoo!カテゴリ」に登録するカテゴリ登録があります。Yahoo! JAPAN はGoogleに比べると審査が厳しく、特にカテゴリ登録されるのは困難です。まずは検索結果に表示されるようにインデックス登録しましょう。

Yahoo! JAPANの検索結果に表示させる方法

こちらからホームページのURLを送信することで、検索エンジン用ロボットが巡回して自動的に登録します。

検索エンジン用ロボットの巡回先への推薦

送信したからといって、必ず登録されるわけではありません。
登録されるためにも、以下はGoogleに登録する場合と同様ですが、確認しておきましょう。

<title>はホームページ名が書かれているか?

ヘッダー部の<title>の内容は大変重要です。本来、<title>はページのタイトルをつけますが、トップページのタイトルはホームページ名を使いましょう。

登録依頼を出すときに、ホームページ名を記述する箇所はありません。登録された場合に、検索結果一覧でホームページ名として、トップページのタイトルが使われます。

もしタイトルが「トップページ」とか「Web Site」とかなっていますと、検索結果を見たとき、何のホームページなのかわかりませんし、おそらく検索結果にヒットしなくなります。タイトルにはホームページ名を入れましょう。

一度、登録されると、後でタイトルを変更しても、反映されるまでは時間がかかります。登録依頼する前に、タイトルは正しいか確認しましょう。

メタタグDescriptionを記述したか?

ヘッダー部のメタ情報でDescriptionも重要です。ここはページの概要などを記述しますが、トップページに関してはホームページの概要(説明)を入れましょう。

ヘッダー部のメタ情報でDescriptionは、検索結果のタイトル下にある説明文に使われることが多いです。そこでホームページの内容を、わかりやすく、見た人が興味を持ってくれるように、100文字程度で説明した文章は入れましょう。

登録されるまでの期間

登録にどのくらいかかるかは、ホームページによって違います。1週間以内に登録されることもあれば、2ヶ月以上かかることもあります。また、登録されてもキーワードで検索したときにヒットするかどうかは別です。

ただし、登録されなければ始まりませんので、なるべく早く登録を依頼しましょう。