SEO・検索エンジン対策

キーワードによるSEOの効果

商品・サービスを日本中の潜在顧客にアピールしたい場合、潜在顧客にホームページを見てもらわないといけません。どうしたら潜在顧客にホームページを見てもらえるでしょうか?

検索エンジンの検索結果に表示

その答えは検索エンジンの検索結果です。ユーザーは必要としている商品・サービスがある場合、検索エンジンを使って、それに関連する言葉(キーワード)で検索します。

つまり「自社で扱っている商品・サービスに関連したキーワード」で検索した検索結果には、その商品・サービスを必要としている優良潜在顧客が、自然と集まっていることになります。

もし、このキーワード検索結果一覧に自社のホームページを載せることができれば、優良潜在顧客がホームページを訪れるようになります。

検索エンジンはマッチング

キーワードの検索を通して、優良潜在顧客と商品・サービスをマッチングしてくれるのが検索エンジンです。そんな検索エンジンと相性の良いホームページにするのがSEOです。

つまりキーワードあってのSEOといってもいいです。対策するキーワードを間違えれば、いくらSEO対策をしようと、優良潜在顧客が集まる検索結果とマッチングできません。

SEOの必要性

では、SEO対策は必ずやらないといけないのでしょうか?

検索結果画面には優良潜在顧客が集まります。そこで誰もが、よりアピールできる上位に表示されたいと思います。そのため上位表示は激しい競争となっています。

この競争に対抗するには、検索エンジンと相性を良くするSEOは必要です。SEO対策することにより、「検索順位が100位未満から10位以内になった」といったことも起こります。

ただし、ホームページの内容をしっかり作らないとSEOの効果も薄いので、ユーザーにとって価値のあるホームページを作りましょう。