SEO・検索エンジン対策

検索連動型広告

検索連動型広告とは、検索エンジンで検索されたキーワードに関連した広告を配信するインターネット広告の一種です。リスティングサービスと同様の意味で使われます。Googleに掲載される「アドワーズ(AdWords)」、Yahoo! JAPANに掲載される「オーバーチュア(Overture)」が有名です。

検索連動型広告の特徴

検索連動型広告のメリット

キーワードを検索した検索利用者(=その商品を探していて、購入や登録をする可能性が高い見込み客)に広告を表示することによって、本来見込み客ではない客層への無意味な広告露出をする事なく、ターゲットを絞った人間に広告を効果的に打つ事が可能となります。

また、検索連動とは違いますが、広告掲載サイト(AdSenseなどを使って広告を掲載しているサイト)に直接広告を掲載する事も可能となっています。広告提供側はサイト内に記載された文章を自動的に解釈し、サイトにあった広告を露出させる事が可能となっています。

更に、広告掲載順番と言う物が設定されており、指定したキーワード内で他の広告主と競合した場合、最大のクリック単価を入札した広告主が基本的にTopに露出されるようになっています。次点の広告単価入札広告主は二番目と言う事になります。この機能がある為、先程は1番に表示されてたはずなのに、今は2番目だと言う風に、絶えず表示順番が入れ替わります。2番手だった広告主が、1番目に表示されたいが為に、より高額の広告単価を設定する為です。勿論、Topに位置する広告が一番、人の目に留まりやすくなります。この機能により始めて間もないサイトでも、資金が潤沢であればいきなりTop表示が可能となっています。

その他に、広告内容ほぼ全てを広告主が決定出来る事によって、広告開始・停止等は自由自在なのは勿論の事、個人・法人等の区別は無く、クリック単価 も「ある程度」は低く開始出来る事等から、気軽に始める事が可能な広告媒体であり、需要は現在計り知れない程になってきています。メディアとしての成長面は様々なメディアでも報道されています。現在、ネット広告は日本ではTVメディア、新聞、の次と言う程にまで広告規模が成長してきており、検索連動型広告もその一翼を大きく担っています。

検索連動型広告のデメリット

クリック単価と成約率

利益率が少ない商品、サービスですと、本システムで利益を出すことは難しくなります。

実際にはクリック単価と成約率に左右されます。クリック単価はキーワードによって異なりますが、クリック単価が10円と仮定して、10人がクリックすると、広告料が100円となります。このクリックした10人の中で100円以上の利益を出さないと赤字となってしまいます。

このことから
クリック単価が高い×成約率が低い=広告料が高い
ということになります。
よって広告料が高い場合は、利益率が低いと利益を出すことが難しいです。

しかしながら掲載するキーワード選定や成約率を上げる努力をすることによって、改善していくことはできます。

キーワードの選定

自社、個人のサイトに合うキーワードを探すのが非常に難しいです。本システムを利用して成功するか、失敗するかはキーワードを何に設定するかに掛かっています。

例えば、一般語句として 日常使われるような語句は「ビッグワード」と呼ばれ、クリック単価はとてつもなく高い傾向にあります。「健康」、「花」、「本」等です。こういう語句だけでキーワード設定するとクリック単価をかなりかなり高く設定しないと殆ど表示されない状況にあります。

そこで例えば、「花」だけではなく、「花 名古屋」等、複数の語句を組み合わせる事が重要となってきます。ただし、組み合わせても、そこに競合相手がいますと表示順位が下がったり、クリック単価があがったりします。

いたずらクリック

いたずらによる広告クリックでも広告主に課金されてしまう形態の為、広告主は目に見えない不正で無駄な代金を消費されている可能性があります。特に「ビッグワード」ですと1クリックでも、かなりの金額になってしまいます。

広告表示の順序

広告表示はCPC(クリック単価)×CTR(クリックスルーレート)の合計値の スコアの上位順に表示結果を露出する方式に変更しとなっています。