ホームページ制作

新規ホームページ作成の企画

ホームページ作成会社に、新規のホームページ作成を依頼する場合、まずはどのようなホームページを作成するのかを決めます。依頼する前になぜホームページを作成したいのかを、ホームページ作成会社に正確に伝わるように、説明できるようにしましょう。

ホームページ作成で大事なこと

ホームページ作成は、ホームページの知識がない人にとっては、おそらく楽ではありません。特にパソコンにも慣れていない方には、説明を聞いても、知らない言葉が多いので、理解するのに時間がかかるかもしれません。

それでもホームページが出来上がっていくのは楽しいものです。良いホームページを作成するために頑張りましょう。

成功するホームページ作成

ホームページ作成会社は経験豊富ですし、色々とアイデアを出しますが、ホームページを作成したけれど、ユーザーが全く見に来ないということが起こるかもしれません。ユーザーに見てもらえるように一緒に考えましょう。また、周りの意見も参考にしてみましょう。

ホームページ制作会社に任せきりにしない

新規にホームページ作成をホームページ制作会社に依頼する場合、全てホームページ制作会社に任せにしてしまえばいいと考えているかもしれません。しかし、完成されたホームページを見て、考えていたものと全然違っていたなんてことになります。お互いの協力なくして、いいものはできないのです。

ユーザー主体のホームページ作成

ホームページで自分が見せたいものと、ユーザーが見たいものは必ずしも一致しません。自己満足のホームページではユーザーに見てもらえなくなります。それでもいいならかまわないのですが、そうでなければ自分にとってではなく、ユーザーにとって良いホームページを作成することを心がけましょう。

目的の明確化
ホームページを作成しようと思ったからには、ホームページを作成する目的が必ずあると思います。また、ホームページを作成することによって、何らかの効果を期待していると思います。ホームページ作成の方向性がずれないように、また、十分な効果を得るために、この目的を明確化させましょう。
ターゲットユーザーの想定
ホームページ作成に取り掛かる前に、ターゲットユーザーを想定することは重要です。しかも具体的であればあるほど、ターゲットユーザーに合わせたホームページ作成ができます。ターゲットユーザーにとって最もよいホームページを作成しましょう。
競合他社の調査
競合他社のホームページを調査してみましょう。業界によって、ホームページにそれぞれの特徴がでています。どのような内容を記載しているか、商品やサービスのプロモーションの仕方など参考にしましょう。
マーケティング
ホームページは作成しただけでは意味がありません。ユーザーが利用することにより、価値が生まれます。そこでホームページ作成も、ユーザーのニーズを知ることが非常に重要となります。
ホームページ作成担当者
ホームページを作成するには、様々な部署が関わってきます。また作成後も情報の更新やユーザーサポート、トラブル対応などが必要となります。目的や方向性がずれないためにも、作成に関わる人と分担を決め、情報共有することが重要となります。
予算の検討
ホームページ作成に関して相場はほとんどありません。例え同じページ数でも、内容によって全く違ってきます。作成していくうちに「機能を追加していったら、思いもよらない金額になっていた」なんてことがないように、あらかじめ予算を決めておきましょう。
スケジュール
ホームページの作成期間は内容によって当然異なりますし、作成会社によっても大きく違います。早く安く作成する会社もあれば、企画の段階から時間をかけてマーケティング調査など行い作成する会社もあります。急ぎの場合は早く作成できる会社を選ぶ必要があります。
ドメインの検討
ドメインをとるなら、早い段階で考えておいたほうがいいでしょう。ドメインはホームページのURLだけでなく、メールアドレスとしても利用できます。特に企業のホームページを作成する場合は、ドメインは重要となります。