ホームページ制作

web2.0

web2.0とは双方向のwebサービスです。ユーザー参加型のホームページをイメージすればいいと思います。

web2.0ってはっきりと境界線があるわけではないので、どこからがweb2.0なのか難しいんですね。web1.0というのがあったわけでもないですし。
ただweb2.0で共通してるのはユーザーが参加できる双方向のサービスということだと思います。

ブログにしても、情報発信者に対してコメントやトラックバックという形で閲覧者が参加できるという点でそれまでのホームページとは違います。
動画共有サービスのYouTubや写真共有サイトなども出てきて、ユーザー参加共有型って感じですね。
mixiなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)はコミュニティサービスに近いですし、Wikipediaもユーザーによって作られるサービスですね。

web2.0という言葉より、新しいwebサービスの形が次々と出てきていることが重要なのかと思います。

ブログ
ブログ (Blog) とは個人や数人のグループによって日々更新される日記的なWebサイトの総称です。「WebをLog(記録)する」という意味でWeblog(ウェブログ)と名付けられ、それが略されてBlog(ブログ)と呼ばれるようになりました。
フィード
フィード(Feed)とはコンテンツの一覧を配信するための仕組みです。ホームページ、ブログやニュースサイトなどのコンテンツの概要もしくはコンテンツ全体を配信用に加工した文書やフォーマットを指します。代表的なフォーマットにRSS、Atomがあります。
RSS
RSSはホームページやブログ、ニュースの更新情報を要約して、配信するための文書フォーマット(規格)です。RSSリーダーやRSSブラウザでRSSを受け取ることにより、ホームページやブログが更新されたこと、また追加された内容がどのようなものかを知ることができます。
Ping(更新通知)
Ping(ピング)とはホームページ(主にブログ)が更新されたことを、別のサイト(pingサーバー)に通知する機能です。この機能を使うことにより、更新通知を受けて、ポータルブログの新着記事を更新したり、検索ロボットが内容を確認しにきたりします。
SNS
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)はインターネット上のコミュニティ型会員制サービスです。日本ではmixi、GREEが、アメリカではMy Spaceが代表的です。地域SNSやオープンなSNS、趣味に特化したSNSなど様々なものがあります。
ソーシャルブックマーク
ソーシャルブックマーク(Social Bookmark)は、オンライン(インターネット上)でホームページやブログをブックマーク(お気に入り)に登録して、他のユーザーと共有することができるサービスです。