ホームページ制作

ホームページのしくみ

ブラウザでホームページを見ると、文章や画像、写真などがデザインされて表示されます。このウェブページの大半はHTMLという主に文章(テキスト)が書かれたファイルとCSS(スタイルシート)というレイアウトを組むファイル、写真やイラストなどの画像データで構成されています。

ウェブページはブラウザがHTML、CSS、画像データを指示されたように組み立てて、表示をしているのです。

このウェブページとウェブページとをリンク(ハイパーリンク)でつないでいくことにより、1つのウェブサイト(ホームページ)ができています。

HTML
HTMLとはホームページを内容を表示するためのマークアップ言語です。HTMLタグで指定することで、画像を表示したり、リンク先を指定したりしています。「HTML」はHyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略です。
CSS(スタイルシート)
CSS(スタイルシート)はウェブページのレイアウトを構成したり、背景色や文章の文字色を指定したりと、ウェブページをデザインすることができます。スタイルシートを利用することで、HTMLを文書構造、スタイルシートをデザイ ン、のように両者を独立させることができます。
XHTML
XHTMLはHTMLをXMLの文法で定義しなおしたマークアップ言語です。RSSでも使われているXMLという文書を扱うことが、ウェブページでも増えてきております。しかしHTMLの文法は省略が可能であったり、データ処理をするのに扱いづらいところがあります。そこでHTMLを厳密に定義しなおしたのがXHTMLです。
XML
XMLは、拡張可能なマークアップ言語です。XMLでは独自でタグを定義して、文書構造を作ります。そこでXMLはマークアップ言語を作成するためのメタ言語ともいわれます。
Flash
Flash(フラッシュ)は音声や映像、写真やベクターグラフィックスなどを使ってスクリプトとタイムラインで作られるアニメーションコンテンツです。またそれを作成するソフトウェア(Adobe Flash)もFLASHと呼びます。マウスやキーボードの入力により双方向性を持たせる機能もあります。
JavaScript
JavaScript(ジャバスクリプト)は主にWebブラウザ上で動作するプログラムです。入力フォームのエラーチェックやサブウィンドウを出したり、マウスをボタン画像の上に移動すると、ボタン画像が入れ替わってリンクすることがわかりやすくなるなど、主にウェブページの使用感向上を目的として使用されます。
CGI
CGIはウェブサーバー上でプログラムを動作させるための仕組みのことです。CGIは掲示板やアクセスカウンタ、フォームメール、アクセス解析、アンケート、ユーザー認証、WikiやBlogシステムなどに使われています。
PHP
PHPとは、動的なホームページ作成をするのに、よく用いられるプログラム言語です。HTMLの中にプログラムを埋め込んで、カレンダーや掲示板を表示したり、大規模なシステム構築にも使われます。
データベース
データベースは目的や用途ごとにデータを集めて整理し、管理しているファイルや、そのファイルの集合のことです。容易にデータの検索・抽出ができるようにしています。
文字コード
テキストはインターネットで通信する時には、「0」と「1」のデジタル信号で情報を伝達します。この数字を一定の規則に基づいて、体系的に文字と対応付けたものが文字コードです。