ホームページ制作

TCP/IP

TCP/IPとはネットワークプロトコルの1つです。コンピュータネットワークのプロトコル(インターネットを含む)として広く採用されています。

TCPはTransmission Control Protocol、IPはInternet Protocolの略です。

階層 プロトコル
アプリケーション層 telnet
Rlogin
FTP
SMTP
BootP
TFTP
SNMP
DNS
RIP
OSPF
EGP
BGP
トランスポート層
またはサービス層
TCP
UDP
ネットワーク層
またはルーティング層
IP
ARP
RARP
ICMP
ネットワークアクセス層
または物理層
イーサネット
トークンリング
ネットワークアクセス層 FDDI
PPP
FTP
FTPは、インターネットで使われている通信プロトコルであるTCP/IPで接続されたコンピュータ間での、ファイルの転送に関するコマンドや規則などの規格です。ホームページを制作するときに、作成したHTMLファイルや画像データをサーバーにアップロードするのに使います。
telnet
telnetはUNIXのコマンドラインを、外部ハードウェアからTCP/IPを経由して使用するためのプロトコルです。あるいはそのソフトウェアの総称です。telnetを使うことにより、パソコンからインターネットを使ってサーバーにログインして操作することができます。このことをリモート接続と呼ばれます。
SSL
SSLはブラウザやサーバー間のデータ送受信に関するセキュリティ技術です。フォームによって転送される文章を暗号化する機能を持ちます。サーバーがHTML文書を送付する前に、まず相手の署名や暗号の確認を相互に行うことで、通信の安全性が保たれます。
SSH
SSH(Secure Shell)は、暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコルです。または、暗号化通信機能をサポートしたリモートシェル(遠隔操作)ソフトを指します。パスワードなどの認証部分を含むすべてのネットワーク上の通信が暗号化されます。
POP
POP(Post Office Protocol)は電子メール用のメールサーバーにアクセスして、電子メールを受信するためのプロトコルです。電子メール用のソフトウェアで、利用者が自分のPOPサーバー名を設定しておくと接続時に自分宛てのメールを受け取ることができます。ただし、POPは受け取るだけで送信はできません。現在は、改良されたPOP3が使用されています。
SMTP
SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)は、電子メールをコンピュータから他のコンピュータへ転送する際に用いる、メールサーバーの基本的なプロトコルです。転送先のサーバを特定するために、DNS の MXレコードが使われます
IMAP
IMAP(Internet Message Access Protocol)は、電子メールサーバーとクライアント間でのメール送受信に関するプロトコルです。メール情報をサーバーに置くことで、必要な情報だけをクライアントが取り出せるようにしています。