ホームページ制作

XHTML

XHTMLはHTMLをXMLの文法で定義しなおしたマークアップ言語です。RSSでも使われているXMLという文書を扱うことが、ウェブページでも増えてきております。しかしHTMLの文法は省略が可能であったり、データ処理をするのに扱いづらいところがあります。そこでHTMLを厳密に定義しなおしたのがXHTMLです。

XHTMLの特徴

「XHTML」はExtensible HyperText Markup Languageの略ですので、HTMLをより拡張できるようにしたのが、XHTMLということになります。基本的なところはHTMLと同様です。HTMLタグで指定することで、画像を表示したり、リンク先を指定します。拡張子も.htmlや.htmを使います。

HTMLとXHTMLの違い

文書の記述方法

ヘッダー部にXHTML文書であるという宣言をします。また、HTMLでは省略ができたタグがXHTML省略不可になり、タグは必ず小文字で記述します。

データの処理

XHTMLはHTMLと比べ厳密な定義とすることによって、データ処理が高速化され、ブラウザの安定動作が促進されます。