ホームページ制作

サブドメイン

サブドメインとは1つのドメインの下位に複数のドメイン名を割り当てたものです。例えば、本ホームページでモバイルサイトで使用している「m.xtone.jp」の場合、「jp」がトップドメイン、その下位は「xtone」、その下位が「m」となり、この「m」をサブドメインと呼びます。

サブドメインの特徴

「△△△.○○○.jp」の△△△がサブドメインになります。(○○○がドメイン名)

では、「www.○○○.jp」や「www.○○○.co.jp」の場合がどうなるでしょう。

「www.○○○.jp」

通常「www」はサブドメインとは呼ばれません。「www」が付いたものが、一般的にドメインと呼ばれます。

「www.○○○.jp」と「○○○.jp」はサーバー(DNS)の設定により、全く同じ内容(データ)を表示するようにできますし、全く別で扱うこともできます。

また、「○○○.jp」にアクセスがあった場合は、「www.○○○.jp」へ移動させることもできます。

「www.○○○.co.jp」

「www.○○○.co.jp」の場合、「co」は組織の種類を表します。上と同様で、「△△△.○○○.co.jp」の△△△が「www」以外の場合に、サブドメインとなります。

サブドメインの必要性

ホームページでサブドメインを使うのは、通常はドメインで表示しているホームページとは別のホームページを作成したい場合です。

サブドメインを使うことによって、検索エンジンに、ドメインのホームページや、別のサブドメインのホームページとは、別の1つのホームページとして扱われます。

サブドメインを使うには?

サブドメインはサーバー(DNS)の設定が必要です。レンタルサーバーの場合、通常は別途費用がかかりますが、管理画面から自由にサブドメインを設定できるよう機能があるレンタルサーバーもあります。