ホームページ制作

SSL

SSLはブラウザやサーバー間のデータ送受信に関するセキュリティ技術です。フォームによって転送される文章を暗号化する機能を持ちます。サーバーがHTML文書を送付する前に、まず相手の署名や暗号の確認を相互に行うことで、通信の安全性が保たれます。

インターネットでは情報がサーバーにたどり着くまでに、様々なネットワーク経路を通ります。そこでHTTPの通信は送信している内容をネットワーク間で全て見ることができてしまいますので危険です。そこでセキュリティをかけた通信HTTPSを用いて、機密情報が守られるようにします。

インターネットではショッピングサイトでクレジットカードなどの情報を入力したり、ユーザー登録などで個人情報を入力して送信をします。一般のサイトでもお問い合わせなどで個人情報が必要な場合には注意しないといけません。情報が漏えいしたなんてことになりましたら、信用がなくなってしまいます。

経費はかかってしまいますが、個人情報を扱う場合はSSLを導入することをおすすめします。