ホームページ制作

サーバー

ホームページ作成でサーバーと使った場合、ホームページのHTMLファイルや画像データが入れてあるコンピュータのことだとイメージしてください。ホームページのデータの要求するパソコンをクライアントと呼び、その要求を答えるコンピュータをサーバーを呼びます。サーバー、サーバのどちらも同様の意味で使われます。

webサーバー

パソコン(クライアント)とサーバーの通信

サーバーの本来の意味ははクライアント側(ソフトウェアまたはコンピュータ)からの要求(リクエスト)を受けて、何らかのサービスを提供する側(ソフトウェアまたはコンピュータ)のことです。

サーバーには様々な種類があります。ファイルサーバー、データベースサーバー、プリントサーバー、アプリケーションサーバー、コミュニケーションサーバーなどがありますが、インターネットで使われるのはメールサーバーとwwwサーバーです。インターネットで使われるサーバーをここではまとめてwebサーバーと呼びます。

webサーバーの役割

wwwサーバー

wwwに常時接続されているサーバーです。パソコンのブラウザからURLを入力して送信すると、インターネットのネットワーク上を経由してホームページのデータがあるサーバーへたどり着き、サーバーにデータを要求すると、サーバーがデータを送出することによって、ホームページを表示することができます。wwwサーバー用のソフトウェアとしてApacheがよく使われています。

メールサーバー

インターネット上で電子メールの送受信を管理するサーバーです。一般ユーザー向けの電子メールは、メールサーバーに一時蓄積された後、必要に応じて読み出されます。

サーバーからパソコンへ電子メールを受信するプロトコルをPOP、サーバー上のメールをブラウザから見るプロトコルをIMAP、メール送信のプロトコルをSMTPといいます。

webサーバーのOS

webサーバーはパソコンと同じく、OSで動きますが、現在webサーバーで使われているOSの大半がwindoxsかLinuxのどちらかです。レンタルサーバーではほとんどがLinuxです。