ホームページ制作

RSS

RSSはホームページやブログ、ニュースの更新情報を要約して、配信するための文書フォーマット(規格)です。RSSリーダーやRSSブラウザでRSSを受け取ることにより、ホームページやブログが更新されたこと、また追加された内容がどのようなものかを知ることができます。

RSSの特徴

RSSはブラウザという閉じたプラットフォームではなく、より開かれたものとして、ユーザーが情報の選択・利用をできるように開発されました。

RSSはバージョンによって異なる名前、規格が存在します。

  • RDF Site Summary(RSS 0.9とRSS 1.0)
  • Rich Site Summary(RSS 0.91)
  • Really Simple Syndication(RSS 2.0)

それぞれ互換性のない違う規格となっていますが、RSSリーダーが対応していますので、それほど気にする必要はありません。RSS以外にAtomという、同じくXMLベースのフォーマットもRSSリーダーで購読することができます。

RDF

一般にRSSというとRDF Site Summaryとして使われることが多いです。RDFとはResource Description Frameworkの略で、XML文書など、ウェブに関連したメタデータを記述するための規格です。

メタデータというデータのカタログを作ることで、異なるアプリケーション同士の間で情報を活用できたり、データ交換が効率的に行えるようになります。

Atom

AtomはRSSをより使いやすくしたものとイメージしてください。RSSは非常に便利ですが、仕様にあいまいなところや、拡張しようとしても制限があり、不満がありました。そこでRSSを発展させるのではなく、一から新しいものを作ろうとしてできたのがAtomです。

ブログで有名なMovable TypeがRSS、Atomどちらにも対応していたのを、Atomのみに変えたりと、Atomへの移行進んでいます。しかしAtomという名前はまだまだ知られていないのが現状ですね。