ホームページ制作

プロキシ

プロキシとは他のコンピュータに代理で応答する装置、またはプログラムを指します。多くのプロトコルに対応したプロキシが存在します。

プロキシサーバー

内部ネットワークからインターネット接続を行う際、高速なアクセスや安全な通信などを確保するための中継サーバーです。セキュリティ対策、ファイアウォールのバリアセグメント構築の他、webページのデータをキャッシュする機能があります。

高速なアクセス

同一プロバイダの管轄内のような独立のネットワークの内部から、外部のウェブサーバーにアクセスしデータを受け取る場合、一度目のアクセスでウェブサーバーの返してきたデータをネットワークの出入り口に設置したプロキシに一時的に保存しておき(このプロキシ内のデータはキャッシュと呼ばれる)、次回からのアクセスはウェブサーバーではなく、このプロキシサーバからキャッシュされたデータを受け取るようにすれば、データの取得を高速化できます。

しかし、ウェブサーバーのデータが更新されてもプロキシサーバー内のデータが更新されていない場合もあるので、注意が必要です。また、初めてアクセスするページに対しては、キャッシュが存在しないために、直接アクセスするよりも必然的に遅くなります。

安全な通信

外部ネットワーク(主にインターネット)からのアクセスは、全てプロキシを経由して各使用者のパソコンなどのクライアントに届くようにします。プロキシが通信内容をチェックすることで、クライアントが外部ネットワークに直接晒されなくなり、不正アクセスや侵入行為が困難になります。

有害なサイトの遮断

いわゆるフィルタリングのためのプロキシです。プロキシを挟んで、クライアントと外部とのやりとりを全てチェックします。その際、例えばアダルトサイトやフィッシングサイト、出会い系サイト、暴力的や違法な内容のサイトなどの有害なサイトへのアクセスを遮断するように、プロキシのプログラムに設定しておけば、クライアントが有害なサイトを見ることが出来なくなります。