ホームページ制作

ホームページ作成担当者

ホームページを作成するには、様々な部署が関わってきます。また作成後も情報の更新やユーザーサポート、トラブル対応などが必要となります。目的や方向性がずれないためにも、作成に関わる人と分担を決め、情報共有することが重要となります。

プロジェクトリーダー

ホームページ作成にあたって、ホームページ作成会社のWEBディレクターが主にディレクションをとって、作成を進めます。しかし、WEBディレクターが内容によってクライアントの各部署の担当者に確認をとるのは困難ですし、情報をまとめることが難しくなります。

そこで各部署への連絡など社内のホームページ作成全般の対応窓口として、ホームページ作成のプロジェクトリーダーが必要となります。連絡がすぐにとれて、作成後も情報の更新やユーザーサポートを担当する方が適任かと思います。

情報の共有

ホームページ作成は様々な部署が関わってきます。例としまして、

  • 商品・サービスのプロモーションの仕方/経営企画部
  • 会社概要や採用情報/総務部
  • 最新情報の更新/広報部
  • サーバー関連/情報システム部
  • 最終決定者/取締役

このように様々な部署の方が、協力してホームページ作成にあたれるように、目的と方向性などを情報共有させましょう。

部署ごとの担当者を決める

多くの部署が関わるので、どの内容を誰が担当するのか決めておかないと、情報がまとまりません。内容により担当部署と責任者を決めておきましょう。

また、ホームページ作成の担当者だけではなく、完成後の運用担当者も決めておくと、スムーズに運用ができます。更新担当者とユーザーサポート担当者、トラブルなどの対応担当者を決めておきましょう。

段階毎の確認

ホームページが完成した後に、最終決定者などに確認をとった際、やりたいことと違うということでやり直しになった場合、修正ではなく仕様変更となり、別料金となります。

特にシステム構築をしていた場合、根本的に作り直さなくてはいけなくなって、予算と納期を大きくオーバーすることもあります。また、使用しているサーバーでは対応できないということも起こります。

段階毎に全体で確認をとり、企画から納品までスムーズに進行できるようにしましょう。