ホームページ制作

IMAP

IMAP(Internet Message Access Protocol)は、電子メールサーバーとクライアント間でのメール送受信に関するプロトコルです。メール情報をサーバーに置くことで、必要な情報だけをクライアントが取り出せるようにしています。

IMAPの特徴

オンラインモデル

IMAPはオフラインモデルとオンラインモデルの両方に対応しています。オンラインモデルとはサーバー上にメールボックスを置き、常時接続してそのまま使用します。

Yahoo!メールやGメールなどのフリーメールサービスは基本的にIMAPを使用しています。ブラウザ上からそれぞれのサイトにログインすることによって、メールの確認や送受信を行うことができます。

ネットワークがつながっていれば、どのパソコンでもブラウザを使って利用できるため、手軽ですが、ネットワークがつながっていないとメールが確認できないというデメリットがあります。

POPとIMAPの比較

POPのメリット・デメリット

  • POPプロトコルは常時接続ではないネットワークアクセスにおいて有利です。
  • ユーザーはメールにローカルコピーを取得し、メールをオフラインで読む事ができます。
  • メールフォルダは電子メールクライアントによって管理します。複数のメールクライアントで受け取る場合は、それぞれフォルダ設定が必要です。
  • 通常、メールはサーバから取得された時点で削除されます。サーバは未読のメールだけ保持しておけば良くなります。
  • 複数のパソコンでメールを取得する場合、別のパソコンでダウンロードしてサーバー上のメールが削除されてしまうと、メールを確認できなくなります。

IMAPのメリット・デメリット

  • IMAPプロトコルはオンラインモデル・オフラインモデルいずれでも利用できます。インターネット常時接続のパソコンはオンラインモデルで、外出先へ持ち運ぶノートパソコンはオフラインモデルでローカルにメールをコピーして使うなど切り替えて使うことができます。
  • 通常、メールはサーバに常時保存されます。ローカルコピーを取得した時点でサーバから削除する事もできます。
  • 複数のパソコンからメール状態を一元管理する事ができます。複数のパソコンで同じメールを読む事ができます。
  • メールフォルダはプロトコルの一部として標準化されており、メールソフトの種類に関係無くフォルダを管理できます。
  • メールサーバーはメールのオリジナルを管理しなければいけません。そのため大規模システムでは莫大な量のメール管理が必要となります。