ホームページ制作

HTML

HTMLとはホームページを内容を表示するためのマークアップ言語です。HTMLタグで指定することで、画像を表示したり、リンク先を指定したりしています。「HTML」はHyperText Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略です。

HTMLの特徴

HTMLはマークアップ言語

HTMLはマークアップ言語(マークアップ・ランゲージ ML)と名前についているように、ドキュメント(内容)をタグで指定(マークアップ)することで表示します。

例えば強調文字ですと、<strong>重要</strong>というように、それぞれの用途に用意されたタグで、内容を指定します。

HTMLは文書

HTMLには画像や動画はHTMLには含まれていません。ウェブページで画像や動画が見えるのは、HTMLでファイルの場所を指定して表示しているからなのです。

HTMLは文書ですので、メモ帳などのテキストエディタで作ることができます。必要なこと(HTMLであるという宣言など)を記述して、拡張子を.htmlや.htmにすると、ブラウザに表示することができます。ですけど、もちろんホームページ作成ソフトを使って作るほうが早いです。

HTMLの構成

HTMLはヘッダー部と本文メイン部で構成されます。

ヘッダー部

HTMLであることを宣言したり、タイトルを表記するなど、ブラウザの表示に直接的には関係しない部分です。(<head></head>で囲まれる部分。)

本文メイン部

実際にブラウザに表示させる部分です。全体の配置や文字、画像の指定を行います。(<body></body>で囲まれる部分。)

実際の表示例

HTMLサンプル

<html>
 <head>
   <title>HTMLの表示例:タイトル</title>
 </head>
 <body>
  <h1>HTMLの表示例:見出し</h1>
  <p>ブラウザではこのように表示されます。</p>
 </body>
</html>