ホームページ制作

ホームページ

ホームページ (homepage) とは、本来はインターネットのwwwサーバーで最初に表示されるページのことです。トップページやメインページ、ウェルカムページとも呼ばれます。通常、ウェブサイトはツリー構造になっていて、その一番上の階層のページがホームページとなります。

ウェブサイト=ホームページ?

ウェブサイトの構成図

ホームページは本来、メインページを指しますが、一般的に使われる場合は、ウェブサイト全体を指す意味の方が多くなってます。また、ウェブページを指す場合にも使われます。

ブログは一般的にホームページには区別して使われています。しかし、これが正しいかという意味ではありません。ホームページをHPという略し方も本来の用法ではありません。

ホームページをウェブサイトとして呼ぶのは日本と一部の地域だけです。英語のサイトを制作するときは home page = web site とはなりませんので、誤解が生じないように注意が必要です。

ホームページ≠ウェブサイト?

おそらくこれほどまでにホームページがウェブサイトとして浸透してしまったのは、個人的な意見ですが、インターネットの教育がインターネットの普及に比べて全く追いつかなかったからだと思います。

ウェブサイト制作会社の人でもホームページとウェブサイトの違いを知らなかったりします。ただし、ホームページと言ったほうがクライアントがわかりやいと思えば、あえて使うことも多々あります。

また、ウェブサイト作成ツールとしては売り上げトップのホームページ・ビルダーとか、あえてホームページと使ってますし、Yahoo!のカテゴリ分類でも「ホームページ、ウェブサイト」とホームページのが前にきています。

本来は「ホームページ≠ウェブサイト」だけど、Yahoo!のカテゴリ分類のように、場合によって「ホームページ=ウェブサイト」として使いましょう。

本来のホームページはブラウザの起動ページ

本来のホームページは、ブラウザを起動した時に、最初に表示されるページのことを指すとも言われています。これはブラウザによってあらかじめ設定されていますが、表示されるページは使用者がブラウザの設定から変更することができます。

以上のようにホームページという言葉はあいまいな意味で使われておりますので、公式に使う場合にはウェブサイト、webサイトを使うようにしましょう。