ホームページ制作

ドメインの検討

ドメインをとるなら、早い段階で考えておいたほうがいいでしょう。ドメインはホームページのURLだけでなく、メールアドレスとしても利用できます。特に企業のホームページを作成する場合は、ドメインは重要となります。

URLは「http//www.○○○.co.jp」、メールアドレスは「△△△@○○○.co.jp」となります。
○○○は登録したドメインが入ります。

ドメインを確認

ドメインは他の人が使用しているものは、使うことができません。そこで登録できるドメインは、他の人が使用していないものに限られます。

企業のドメイン

企業のホームページのURLでは、大半が
「http//www.○○○.co.jp」
となっているかと思います。

最後の「jp」は日本を意味し、その前の「co」は"commercial"(「商用の」の意)の略です。

「co.jp」ドメインは法人登記されていない個人事業主や、営利を目的としない法人(非営利法人)は登録できません。また、書類などが必要なため、手間も費用もかかります。

ですが、この「.co.jp」を使うことにより、企業として安心してもらえます。企業であれば「http//www.企業名(英数字).co.jp」で登録するのが一番良いと思います。

教育機関などのドメイン

教育機関向け(大学)に「.ac.jp」、政府機関・特殊法人向けに「.go.jp」、ネットワークサービス向けに「.ne.jp」といったドメインがあります。

その他のドメイン

企業でなければ、短くて覚えやすいものや、ホームページの内容に関連するドメイン名がいいかと思います。日本ですと、日本をあらわす「http//www.○○○.jp」が多いですが、海外のドメインも登録できます。

「.com」や「.net」がよく使われますが、他にも様々ありますので、登録したいドメインが登録されていないか調べてみるといいでしょう。

ドメインが登録されていないか調べる

ムームードメイン