ホームページ制作

データベース

データベースは目的や用途ごとにデータを集めて整理し、管理しているファイルや、そのファイルの集合のことです。容易にデータの検索・抽出ができるようにしています。

データベースの特徴

データベースの規模は、簡単なものから莫大な量のデータまで様々です。エクセルなどもデータベースとして扱えますが、ホームページでは主にデータベース管理システム(DBMS)を用いて構築します。

データベースの用途

大量のデータから特定のデータを検索・抽出することは、処理をするのに負荷がかかります。この為、データを高速かつ安定に利用できるように、データを格納するための構造について様々な工夫がされています。

データベース管理システム(DBMS)

データベースをコンピュータ上で管理するためのシステムをデータベース管理システム(DBMS)といいます。

DBMSには Oracle Database、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、MySQL、SQLite があります。

Oracle Database などは高額のため、ホームページでは主にオープンソース(無償)の PostgreSQL、MySQL、SQLite が使われます。特に MySQL は使えるレンタルサーバーも多く、多用されています。

データベースの例

ホームページではブログやショッピングサイトを構築するのに使われます。簡易なもので掲示板などに使われます。

データモデル

データモデルは、データベースに格納するデータをどのように配置するかを論理的・物理的な側面から規定しています。データモデルには以下のようなものがあります。

  • 階層型データモデル
  • ネットワーク型データモデル
  • リレーショナルデータモデル
  • オブジェクトデータモデル
  • カード型データモデル
  • XMLデータベース

リレーショナルデータモデル

リレーショナルデータモデル現在もっとも広く用いられているデータモデルです。

特にホームページではリレーショナルデータベース管理システム (RDBMS)のSQLが主に使われます。