ホームページ制作

目的の明確化

ホームページを作成しようと思ったからには、ホームページを作成する目的が必ずあると思います。また、ホームページを作成することによって、何らかの効果を期待していると思います。ホームページ作成の方向性がずれないように、また、十分な効果を得るために、この目的を明確化させましょう。

目的を考える

ホームページ作成の目的を考えてみましょう。すでに目的は考えてあるという方も、より具体的になるように考えてみましょう。

漠然と「会社としてホームページは作成しておかないと」といった場合は、おそらく会社紹介のようなホームページになります。作成したホームページも漠然としてしまい、誰に何をアピールしているのかわからなくなってしまいます。

目的にそったホームページ作成

「会社の商品をアピールしたい」と考えていますが、社長のメッセージや会社の業績ばかり載せていては目的から外れてしまいます。また、「お客さんにレストランに来てもらおう」と考えていますが、レストランの地図が載っていないようでは、お客さんに来てもらうのは難しくなります。

また、あれもこれも掲載してしまうと、本当にユーザーに伝えたい情報が伝わらなくなります。ホームページに載せる内容は1つに絞りましょう。

目的を考えて、目的にそったホームページを作成しましょう。

目的を具体化

ホームページ作成の目的を「何のために」「誰に向けて」「何を得たいのか」を具体的に考えましょう。

何のために

例えば、次のような目的が考えられます。

  • 自社製品やサービスの紹介
  • 社員やアルバイトの募集
  • 予約の受付
  • 店舗の紹介と地図
  • ユーザーサポート
  • イベントの告知
  • インターネットで商品の販売(ショッピングサイト)
  • IR

誰に向けて

不特定多数の潜在顧客に対してなのか、特定の顧客に向けてなど、誰に向けてのホームページかを考えます。

例えば製品の紹介で、一般のユーザーに向けてホームページを作成するなら、誰にでもわかりやすく伝わるうにします。また、いつも利用しているユーザーに向けて作成するなら、より具体的な説明が必要となります。

ターゲットユーザーを考慮することにより、ユーザーに最適なホームページ作成をすることができます。

何を得たいのか

例えば「イベントを知ってもらい、予約をしてもらいたい」、「レストランのホームページを見た方に、実際に食べに来てもらいたい」など具体的に考えて、どのようなホームページにすれば効果を得られるかアイデアを出していきます。