ホームページ制作

アクセシビリティ

アクセシビリティ(ウェブアクセシビリティ)は、高齢者や障害者も含めた、ウェブページにアクセスした誰もが同様に、ウェブページの情報を取得・発信や共有できるかどうか、あるいはその度合いをいいます。特に公共のサイトにとっては重要となります。

アクセシビリティ配慮

ホームページの内容によってはあえてターゲットを絞ってしまって、FLASHムービーなどで派手に見せることもあります。しかし公共のサイトに関わらず、企業の公式サイトなど誰もが情報を取得できることは重要です。様々なユーザーに配慮してホームページを制作しましょう。

アクセシビリティを高める

アクセシビリティを高めるための例を紹介します。

視覚障害

視覚障害の方に向けて、音声ブラウザと呼ばれる音声読み上げソフトを用いても情報が伝わるように、情報はテキストで記述します。画像などを使う場合は、代替テキストを記述します。また、ヘッダー部分、メニュー部分を飛ばして、ページの内容にいけるジャンプ機能も大切です。

視力障害

小さい文字が読めない方のために、文字サイズは固定にしない方が望ましいです。また、サイズ変更ボタンをつけるなど便利です。
色弱の方のために文字と背景のコントラストをしっかりつけたり、リンクを色だけで表現しないことなど重要となります。