ウェブサイト作成

JavaScript

JavaScript(ジャバスクリプト)は主にWebブラウザ上で動作し、HTMLの動的書き換えや入力フォームの自動補完など、ウェブページの使用感向上を目的として使用されたり、リッチクライアントアプリケーションの構築に使われる。

JavaScriptをできること例を挙げてみます。

  • サブウィンドウを表示したり、またそのウィンドウを閉じるボタンで閉る
  • フォームに入力された値をチェックする
  • エラーメッセージを出す
  • 日付を表示する
  • マウスオーバー画像を表示する
  • ブラウザの種類を判断する

その他にも近年ではAjaxに使われるような高度な JavaScriptの使い方があります。しかし JavaScriptはブラウザで動くこともあり、ブラウザによって対応していなかったり、違う記述をしないといけないことも多々あります。

フォームに入力された値をチェックする際にはサーバーにデータを送る前にチェックをかけ、問題があればエラーメッセージを出し、サーバーへの送信をとめることができる。このようにサーバー側ではなくブラウザ(ユーザーのパソコン)で動作するプログラム言語をクライアントサイド・スクリプト言語と呼ぶ。

JavaScriptとJava

JavaScriptは一見、プログラミング言語JavaScriptという言葉をつなげたJavaと同類に思えますが、全く違う言語です。 JavaScriptはスクリプト言語(簡易プログラミング言語)と呼ばれテキストでプログラムを記述すればブラウザ上で動作します。 対してJavaはプログラムコードを書いた後、そのソースコードをコンパイラを使って、コンパイルという作業をして、初めてプログラムが実行できるようになります。