ウェブサイト作成

CGI

CGI(Common Gateway Interface)はウェブサーバ上でユーザプログラムを動作させるための仕組み。掲示板やアクセスカウンタ、フォームメール、WikiやBlogシステムなどで使われる。

ウェブサーバプログラムの機能の主体は、あらかじめ用意された情報を利用者(クライアント) の要求に応じて送り返すことである。そのためサーバプログラム単体では情報をその場で動的に生成してクライアントに送信するような仕組みを作ることはできなかった。 そこでサーバプログラムから他のプログラムを呼び出し、その処理結果をクライアントに送信する方法が考案された。それを実現するためのサーバプログラムと外部プログラムとの連携法の取り決めがCGIである。

CGIは環境変数や標準入出力の扱えるプログラミング言語からなら言語の別を問わず幅広く利用できるが、実行速度やテキスト処理の容易さなどの兼ね合いによりPerlが使われることが多かった。近年では、Perlに加えてPythonRubyなども広く使われている。