ウェブサイト作成

CSS

CSSスタイルシートとも呼ばれます。HTMLでデザインをしてしまうと、文章、装飾、レイアウトなどの記述が混在してしまうため、スタイルシートでデザインをすることにより、文章とデザインを分離させることができます。

CSSはCascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート、カスケード・スタイル・シート)の略ですが、単にスタイルシートと呼ばれることが多いです。

スタイルシートは「視覚表現」をコントロールするための言語です。ただし、ブラウザにより対応が異なる場合があり、注意が必要です。対応させるブラウザ全てで確認が必要となります。

ボックスモデル
CSSでブロックレベルの要素は、ボックスモデルと呼ばれる矩形(長方形)の領域を作ります。ボックスはテキストや画像などの内容領域を持ち、その周囲には更にパディング、ボーダー、マージンという順に周辺領域を持ちます。
ボーダー(border)
ボーダーの種類(border-style) ボーダーは線種を選ぶことができます。しかし立体表現の色や破線の間隔などはブラウザによって異なります。特にIntern...
IEのボーダー解釈の間違い
Internet Explorerでスタイルのボーダーを使うと、ボーダーの背景が内容領域の外側の色になってしまいます。
インラインボックス
インラインボックスは親要素のブロックボックス(ボックスモデルと同義)に流し込まれる形で配置され、自動的に改行や折り返しされ、複数の行を生成します。インライン要素がインラインボックスを作るほか、ブロックボックスの中のインライン要素で定義されていないテキストも基本的にはインラインボックスを作ります。
CSSリファレンス プロパティ
CSS(スタイルシート)のリファレンスです。プロパティと機能を一覧で見ることができます。アルファベット順で並んでいます。
background プロパティ
CSS(スタイルシート)で背景(背景色・背景画像)の設定方法を紹介します。重要な画像だけをHTMLのimgタグを使って表示し、装飾目的で使う画像は、CSSの背景設定 background プロパティで表示するようにしましょう。