ウェブサイト作成

ウェブサイト作成ではweb制作に関する技術的なことを紹介します。ホームページ制作では基本的なところで、ウェブサイト作成では実制作で役立つ技術をメインとしています。

一般的にホームページを作成する仕事というと、まずwebデザイナーを思い浮かべます。デザイナーとつくので、デザインをすることをイメージしますが、実際にはコーディングも重要です。

オープンソースのCMSやMovable Typeなど安価なCMSの普及により、コーダーにもプログラムよりなところが求められるようになっています。

webサイト制作にとって必要な技術や便利な技術、web制作の最新情報などwebクリエイターにとって役立つ情報をカテゴリに分類して紹介します。

コーディング
プログラミング言語を用いてソースコードを記述することをコーディングといいます。ウェブサイトを作るには主にHTML、XHTML、CSSによるコーディング技術が必要です。
CMS
HTMLについての技術的な知識がなくても、テキストや、画像等の「コンテンツ」を用意できれば、システムを使ってウェブによる情報発信をおこなうことができる。このシステムをCMSと呼ぶ。
プログラミング
ホームページは主にHTMLで作成するが、HTMLだけではサーバーへデータを送って、データを処理してページを生成して、生成されたページを表示するといった動的なページを作ることができない。そこでプログラミング言語が使われる。掲示板やアクセスカウンタ、フォームメール、WikiやBlogシステムなどに用いられる。